社会福祉法人 香南会

香南会の取組み

更新日 : 2019/01/24

より質の高い介護職を目指して

 

社会福祉法人香南会は、より質の高い介護職を目指し人材育成に力を注いでいます。

人材育成の専門部署としての役割を担う『教育部』を設置し、働きながら学び続ける環境を提供しています。

 

その取り組みの1つとして、「介護職員初任者研修」「介護福祉士実務者研修」「介護実習指導者」「レクリエーション介護士」などを開講し、職員のみでなく多くの方が受講しています。

 

特に「介護福祉士実務者研修」は、平成28年度から実務経験ルート(実務経験3年以上)にて介護福祉士国家試験を受験する際の必須研修と位置付けられました。

 

私たちは、介護福祉士実務者研修に加え受験対策講座(無料)を定期的に開講し、実務経験ルートからの介護福祉士の資格取得までを全力で応援しています。

 

そして、介護のプロフェッショナルへと繋がる人材育成を行っています。


実務者研修

▲「介護福祉士実務者研修」風景



香南会4大目標



香南会4大目標

その他取り組み

 

大学院で介護についての研究

 

介護のプロフェッショナルを目指して

 

それぞれの個性を活かしながら介護のプロフェッショナルを目指せるように、

職員一人ひとりを支援していきます。



香南会が育てる介護のプロフェッショナル

資格取得全面バックアップ!!香南会で介護のプロを目指そう!!

 

(制度)

・法人内職員による介護福祉士及び介護支援専門員の勉強会の実施。

・県内外各種資格研修の立替免除制度あり。